ガンよりエイズより怖い病気!「認識疾患」の症状 外出不可能

外出不可能 vol.3

私たちが人間5感覚脳のVRヘッドセットを被っているというのはどういうことでしょうか?

それには、人間の認識メカニズムを理解する必要があります。

あなたは、この瞬間、どんな道具を使って外からの情報を取り入れていますか?

そう、人間は目、耳、鼻、口、皮膚、という5感覚を使って情報をインプットします。

では、人間の目は何をインプットしているのでしょうか?

人間の目は、光を捉えます。

そして、光といっても、全ての光を捉えるわけではなく、 人間の目がインプットできる領域は限られており、人間の目の機能が捉えることが出来る光を「可視光線」と呼びます。

この領域からさらに波長が長くなると、赤外線域になり、逆に波長が短くなっていくと紫外線域になりますが、この領域は人間の目はキャッチできません。

この特定の光(波長)が、人間の網膜に刺激を与え、それが電気信号として脳に伝わり、あなたの脳が、その電気信号を色、模様、形、奥行きなどに情報を返還して、見ている画面を創り上げます。

では、聴覚はどうでしょうか?

人間の耳がキャッチできる周波数は、 20Hz~20,000Hzの間だと言われています。 この領域よりも低い周波数は人間にはキャッチできません、その周波数は低周波と呼ばれています。
また、20,000Hz以上の高い周波数は、超音波と呼ばれていて、これもキャッチすることはできません。

どの領域の周波数をキャッチするかは、その生き物によって違います。例えば、コウモリは超音波をキャッチし、そこから位置情報などの様々な情報を得ます。

今は、視覚と聴覚についてお話しましたが、このように人間の5感覚はすべてをキャッチできるわけではなく、私たちがキャッチできる情報は一部分です。

その部分的な情報を電気信号に変え、脳に伝達し、人間の脳が、色や模様、形、奥行きなどを創っているのです。

私たち人間が見ている世界は、人間の5感覚と脳によって創り出された世界なのです。

私たちは、常にこの人間の5感覚と脳のVRヘッドセットを通過した後の世界を見ているのです。

この5感覚と脳のVRヘッドセットを取り外して世界を認識することは、できません。

VRヘッドセットを外した世界を観ることができないのです。

「外出不可能」の意味が少しはわかってきたでしょうか?







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA