ガンよりエイズより怖い病気!「認識疾患」の症状 機械的条件反射②

私たち人間の意志決定とはどのような仕組みで起こっているのでしょうか?

人間は生まれた瞬間から、脳の観点による認識作用が働き、観点がつくられます。脳は5感覚という5種類の情報の入浴経路から情報を入力(input)し、その情報をひとつに統合処理して、自分と自分以外の現実世界を出力(output)し、認識しています。

その脳の観点に固定した上で、さらに自分個人の観点、集団の観点、時代の観点などに固定されているのです。

人間は、この認識活動によってつくられる「観点(判断基準)」を中心道具にしながら意思決定し、行動しながら生きているので、観点はその人の人生全てに影響を与える基準点です。

では、この仕組みをわかったうえで、観点がどのようにつくられるのかをより精密に見ていきましょう。







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA