一歩踏み出したいけど怖い。そんな時はどうしたらいい?

一歩踏み出したいけど怖い。

本当にこの選択でいいの?

せっかくやってみたのに、失敗してしまったらどうしよう?

うまくいかないかもしれないし・・・

でも気になる・・・

 

皆さんはこんな経験ありませんか?

何かにチャレンジしようとする時、人は悩みます。

今までやったことのない新しいチャレンジは誰しも怖いもの。

そんな時に抑えてほしい、自分の一度きりの人生を最高に楽しむ為の意思決定方法✨

 

それには、4つのステップがあります。

 

第1ステップ:心と現実を分けること。

 

私たちは、いつもいつも今ある現実的な状況から出発して意志決定をしようとします。

 

「仕事があるから・・・」

「お金がないから・・・」

「あの人に反対されそうだから・・・」

「周りに迷惑がかかるから・・・」

 

私たちは、このように、つい現実と自分の心をごっちゃにして意思決定をしがちです。

その状態では、いつも現実の条件の範囲内での意思決定になってしまうので、自分の心が本当に願う生き方をすることは不可能です。

 

まずは、「現実にある条件を100%置いておいていいのだったら、自分の心はどうしたいの?」と、自分に問いかけてみてください。

そうやって、「自分の心」と「現実」を分けましょう。

 

第2ステップ:心を選択しましょう

 

自分が本当に願う生き方をする為には、現実の状況やそれを選択することによって出てくる不安な感情を優先するのではなく、100パーセント現実を置いておいた時に「自分の心は本当はどうしたいのか?」だけを常に選択し続けることが必要です。

不安とはいったい何なのでしょう?

私たちの脳みその大脳旧皮質は、動物的な脳。

原始時代、私たちは嵐や動物から自分の身を守らないと命が危うい時代がありました。

その為、私たちはリスクを予想して危険な状況を避けるために、起こりうるマイナスの可能性に対して不安や恐怖の感情を喚起することによって生命を守ろうとする機能があります。

つまり、不安や恐怖の感情は必要があって生まれたのです。

ただ、いつもいつもリスクだけを見ていたら、どんな人生になってしまうでしょうか?

  • 常に変化を怖がり、新しいことに何もチャレンジできない。
  • 何にもチャレンジできないので、自分に自信を持つことが出来ない。
  • 周りの環境や条件状況に合わせて意思決定する受け身な人生。
  • いつもできない理由を探す為、自分が本当にやりたいことをやることは不可能

 

まずは、あなたの心が本当はどうしたいのか?

そこにしっかりと耳を傾けましょう。

 

第3ステップ:新しい観点をセッティングしましょう

 

今のあなたの現実的な状況は、あなたの観点(モノの観方、捉え方)が生み出した結果です。

つまり、生み出したい現実を引き起こす原因となる観点を新しくセッティングしすることです。

 

第4ステップ:新しい現実が生まれる

 

ステップ1、2、3のもとで、新しい観点を選択し続ければ、おのずと生み出したい現実は生まれます。

 

いかがでしょうか?

ステップ3からは、自分だけでやらず、チームプレーで取り組むのがお勧めです★

やってみて、何か質問があればお気軽にメール下さいね。

今日も読んでくださりありがとうございました!







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA