新元号「令和」の意味とは?

新しい元号が決まり、「令和」について多くの人が発信をしています。

あなたにとって「令和」の時代はどんな変化が起きそうですか?

イスラエルの歴史学者で全世界でベストセラーになっている「サピエンス全史」「ホモ・デウス」の著者であるユヴァル・ノア・ハラリが警笛をならしているように、これから私たち人類は、AIの進化により、人間の雇用がなくなっていくだけではなく、進化したTechnologyを享受、活用することが出来る一部の特権階級の人たちと、その他の人たちとの格差は今まで人類が経験したことがないくらい広がり、世界には無用者階級が溢れていく時代がやってきます。

目先の自分の仕事でいくら成功を収めたとしても、家族や身近な人を大事にしたとしても、グローバリゼーションで世界が繋がった今、私たち個人の幸せは簡単に時代の流れに呑まれてしまいます。

2019年は、2020年の東京オリンピックを目前に、私たち日本が世界にどんなインパクトを与えることが出来るのか?を準備することが出来るラストチャンスの年。

人間は不安から逃れたい生き物なので、現実を歪曲して楽観視し、考えることを放棄しようとする傾向にあります。

でも、この未曽有の危機はチャンスでもあります。

今まで経験した事がない危機に向き合う時、私たちは今まで使ったことがない人間機能を開発することが出来ます。

令和の時代、それは日本の新しい目覚めであり、日本がIOH、IOTの時代の次のIOEの時代を引っ張っていき、世界の問題を解決するリーダーシップをとることが出来ると言い切っているNoh Jesuのメッセージは、私たち日本人にとって暗闇の中に光る一筋の光です。

彼の令和に関するblogがとても興味深いので紹介します。







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA