日本人が自信が持てない思わぬ原因とは!?

多くの日本人が自分に自信をもてない、自己肯定感が低いのはなぜなのか?

それは、実は日本の歴史的背景に大きな要因があります。

 

あなたは、日本の現代史に日本が日本では無かった「空白の7年間」があったを知っていますか?

 

1945年、8月15日。

熱い夏の日、日本はポツダム宣言を受諾する意思を表明しました。

そして、9月2日、連合国と降伏文書に調印。

この調印によって、日本は連合国軍(実質はアメリカ)が占領し、GHQの管理下に置かれました。

この日から1952年4月28日までの約7年間、日本はアメリカ軍の軍政下にあった被占領民族で、独立国ではなかったのです。

通貨はドル。

車は右通行

 

勝利軍=占領軍(実際はアメリカ軍)が軍政を敷き、その絶対的な権力による指示の元、日本が運営されました。
政治も経済も報道も芸能、文化に至るまで徹底的な言論・情報統制を占領軍=GHQが行ったのです。

占領軍が急いだのは2つ。

① 戦争犯罪人を特定して処刑すること。
② 2度と白人国に「はむかわないよう」、日本人を骨抜きにすること。

詳細は別の記事に書きますが、この7年間が今の私たち日本人に大きな影響を及ぼしています。

ここからどうする!?日本!?

戦後73年。

今、私たち日本人が新しい選択をする時が来ています。







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA