日本人の83.2%が自分に自信をもてないことが判明!

こんにちは。

認識コンサルタントの新原千春です。

たくさんのクライアントさんの相談を受ける中で「自分に自信がない」という悩みをよく聞きます。

自信のなさは、自己肯定感の低さから来ますが、残念ながら自己肯定感の低さは日本は世界トップ。

日本人の83.2%は自分に自信がない!

 

日本青少年研究所が2010年、日米中韓の高校生7233人にとったアンケートがあります。

その調査結果によると、

『自分は価値のある人間だと思うか?』という質問に対し

「そうだ」「まあそうだ」と回答した高校生は

  • アメリカ:89.1%
  • 中国:87.7%
  • 韓国:75.1%
  • 日本:36.0%

日本が他国と比較して半分以下と極端に低いのが目を引きます。

 

また、『自分を優秀だと思わない』割合は

  • 日本:83.2%
  • 中国:32.7%
  • アメリカ: 11.2%

 

『親は私が優秀だと思っている』割合は

  • アメリカ:91.3%
  • 中国:76.6%
  • 韓国:64.4%
  • 日本:32.6%

 

つまり、7〜8割の高校生が、「自分は優秀ではない」と思い、かつ「自分は優秀だとは思われていない」とも思っているのです。

他国と比べてここまで極端に日本人が偏っているということは、もう個人の問題ではなく、何か国ごととしての原因がありそうです。

 







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA