今までにない「究極の和」を実現する令和JAPAN

「和をもって貴しとなす」

この言葉は聖徳太子が8世紀に制定したとされる「十七条憲法」の第一条の冒頭にある言葉。

8世紀から憲法にこれをいれるくらい、私たち日本は「和」を大事にしてきた。

そして、第2次世界大戦で広島、長崎に原爆をおとされ、14万の国民が亡くなった時も、多くの国のように自国の被害を世界に訴えテロを起こすこともなく、アメリカを恨むこともなく、私たち日本は耐え忍んできた。
「ドイツのホロコーストと並ぶくらいの戦争犯罪に対し、テロ1件もおこさない。このアメリカへの姿勢は日本じゃないと不可能だ」と、海外の友人が言っているのを私は聞いたことがある。

そう、私たち日本は、広島長崎の地獄のような経験を通し、誓った。

「二度と戦争はしない」と。

今、世界では、うつ病の人が世界で推計3億2,200万人(1995年:世界保健機関(WHO)調べより)。それくらい、1人1人が、自分の考え感情が自分の本来の意思と和することができていない状態だ。

また、日本の離婚は1年で20万8489組。離婚の理由の一番は「性格の不一致」
愛する人と和する、融合することができない。

企業間競争はますます激しくなり、世界では米中覇権戦争が繰り広げられる。

分離断絶による争いが、ひとり一人の心の中でも、人と人、企業と企業、国と国の関係性においても終わらない。

とても「和」が実践されているとはいいがたい状況。

そこに、私たち日本は「令和」(Beautiful Harmony)という元号を掲げ、挑む。

二度と私たち人類が戦争が不可能な状態をつくる意思を持って。

争い、戦争がない状態が「平和」だとしたら、「令和」は戦争という概念をもつことができない戦争「不可能」な状態。
それには3段階の「和」の次元上昇が必要だ。

今までの「和」は一段階の和。「相対的な和」

1人1人がバラバラな判断基準があった状態で、「みんな違ってみんないい」と、お互いと認めようとする。
ただ、1人だけで生きていけるならそれでもいいけれど、私たち人間はソーシャルな存在で、誰かを何かをしていこうとした時には、自分と相手の判断基準が必ずぶつかる。
だから、相手を肯定したら、自分は我慢し手従わなくてはいけなくなるし、自分を肯定したら、相手を我慢して従わせることになる。


1人1人がバラバラな判断基準があった状態で、「みんな違ってみんないい」と、お互いと認めようとする。
ただ、1人だけで生きていけるならそれでもいいけれど、私たち人間はソーシャルな存在で、誰かを何かをしていこうとした時には、自分と相手の判断基準が必ずぶつかる。
だから、相手を肯定したら、自分は我慢し手従わなくてはいけなくなるし、自分を肯定したら、相手を我慢して従わせることになる。

結果、「みんな違ってみんないい」は表面的なものになり、実際は、お互い、我慢して合わせて笑顔して、演じ、ストレスをためる。
合わせるのが難しい場合は争い、戦争になる。
それが今の個人、家庭、企業、日本、世界の現在地。

これを解決するには、2段階目の和。「絶対的な和」
判断基準をAll Zero化し、違いのない、ひとつつだけがある境地に達する状態。戦争する主体も相手もない状態。それは仏教の悟りの境地であり、個人の悟りが完成している状態。

だけど、令和JAPANはそこにとどまらない。
絶対世界の絶対的な和を活用しながら、相対世界の中でも積極的にすべてが融合し生かされる状態、第3の和「究極の和」を創っていく。

「違いが前提」でその違いを認め合おうとするのが「相対的な和」だとしたら、
「一切の違いが無い」境地に超越する「絶対的な和」。
そして、この2つの和の世界を自由に活用できるのが「究極的な和」の世界。

「一切の違いが無いシンプルな世界から、多様な違いが生まれる仕組み」を活用できる。
だから、多様なパートナー関係を結ぶ多様性と調和が可能になる世界。
それが「令和=Beautiful Harmony」の世界。

そして、その「究極の和」を実現するキーワードが「0=∞=1」
これは、お隣の反日の国、韓国出身のNoh Jesu氏による日本福岡での発見。

彼の発見は、今まで争いたくないのに争うしかなかった私たち人間の700万年の涙を拭う奇跡の発見。
そして、彼と日本の出会いから、26年。
嫌韓の日本の中で、どんな誹謗中傷にも負けず、日本の可能性を訴え続けた彼と、彼に可能性を見出した日本人が共同開発してきたコンテンツが完成した。

私が彼と出会って13年。
世界33か国を周り平和活動をした結果、世界恒久平和なんて理想論だと諦め絶望していた私の観念を、彼の発見はガラガラと破壊した。
たゆまないコンテンツ開発。そして、彼の意志と実践がこの13年、揺らいだところを私はみたことがない。



戦争不可能な人間。
今ここが神秘申請で、自分が大好き!人間が大好きでたまらない人を育てる教育。

誰もが願った、争いのない世界。
理想論だと諦めてしまったその世界が現実化する時がきている。

令和JAPAN。

日本の幟がたった。







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA