人類全員がかかっている無自覚の病気「認識疾患」

私たち人間は誰しも、無意識無自覚のうちに深刻な病気にかかっています。

それは、認識疾患。

別名、自分絶対病とも言えます。

人間は無意識で自分の判断基準が絶対に正しいと思う為、その判断基準によって生まれた自分の考えに支配されます。

 

 







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA