観点の問題④自発性・他発性

観点の問題④自発性・他発性

 

私たちは、「私は自分で判断している」とか、「自分で選択している」と思い込んでいますが、実は違います。

実はオギャーと生まれてから、育った環境から入ってきた情報がインプットされ、知らず知らずのうちにそのインプットされた情報をもとに選択、判断、意思決定を行っているのです。

単語ひとつとっても、あなたが創った単語ってあるでしょうか?

ほとんどの人が自分で単語をつくることはないと思います。

私たちは誰かがつくった単語を繋ぎ合わせて自分の思考論理を組み立てています。その状態ではある条件によっては正当な論理だったとしても、すべての状況に対して対応できるものではないため、自分の考えに自信を持つことが難しい状況、と言えます。

これが観点の他発性です。

 

では、自分で新しい概念や単語を生み出すことができたとしたらどうでしょうか?

実はそれができたとしても、それを世界人類75億すべての人が受け入れるかといえば、必ず範囲ができてしまいます。

観点が自発だったちしても問題なのです。

 

この問題、あなただったらどう解決しますか?

 







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA