今夜もオリンピック白熱討論!

昨日の令和哲学カフェは、特別企画「東京五輪は危機かチャンスか徹底討論」!
東京五輪オリンピックをやるべきか?やならいべきか?
賛成派と反対派にわかれて、白熱した主義主張が展開されました。

反対派の主な論点は、
・感染が広がったら大変なことになる。生命を犠牲にしてまでやる意味があるのか?
・現在80%の国民が反対派。やったとしても協力を得られず両者の溝が深くなるし盛り上がらない。
・希望を持てないこの社会で、オリンピック以上の感動を提供するのは難しいからやるべきだ


賛成派の主な論点は、
・開催した方が経済効果がある
・今までオリンピックが開催中止になったのは世界大戦の時だけ。もし今回中止にしたら、「コロナを統制できなかった日本」となってしまう。日本人として恥ずかしい。リスクをおかしたとしても、やるべき。

どちらも、その観点からしたら「確かに!」を思う主義主張でした。
ただ、そこで切り込んだのがファシリテーターである令和哲学者NOH JESU氏。

今、日本は「不信」で溢れている。


賛成派の主な論点は、
・開催した方が経済効果がある
・今までオリンピックが開催中止になったのは世界大戦の時だけ。もし今回中止にしたら、「コロナを統制できなかった日本」となってしまう。日本人として恥ずかしい。リスクをおかしたとしても、やるべき。

どちらも、その観点からしたら「確かに!」を思う主義主張でした。
ただ、そこで切り込んだのがファシリテーターである令和哲学者NOH JESU氏。

今、日本は「不信」で溢れている。PCR検査、ワクチン、科学技術、リーダー、対策、未来などに対して、すべて不信。そんな中開催側がその人たちを納得させるだけのVISIONや計画を立たせていないから反対派が多くなる。
しかし、今はもう、「やるのがいい」「やめたがほうがいい」の議論をする段階は終わっている。

オリンピックは開催することになって、反対派が中止させるだけの現実的な力もない。
それであれば、今からは、日本社会全体が、

「どんな形でやっていったら良いのか」

「いかにリスクを小さくして、危機をチャンスにしていくか」の論点に早く中心軸を移動して、国民もそのことを考えるべき。

「確かに~~~~!!!」と納得でした!
本日の令和哲学カフェは昨日に引き続き白熱討論!

オリンピックを開催するならば、「最悪のやり方、最悪の結果物はどういうもの?」「最高のやり方、最高の結果物はどういうもの?」をテーマに討論します!

今回のオリンピックは、今後の日本の運命を大きく左右する!
ぜひ一緒に考えませんか?

令和哲学カフェHP
http://reiwaphilosophy.com/?p=8275
http://reiwaphilosophy.com/?p=8275







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA