「それ」しかないのに、現実には「それ」がなかった。

あなたはいつも、何かを探していませんか?

無意識的にかもしれないけど、いつも。いつも。

小さいころも。

大人になっても。

ひとりでいる時も、

誰かと一緒にいる時も、

探している何か。

夢を描いてみても、みつからない。

友人といても、みつからない。

愛する人をつくっても、みつからない。

どれだけ美しさを得ても、みつからない。

一生懸命仕事をしてみるけど、みつからない。

お金を儲けてみても、みつからない。

旅をしてみても、みつからない。

時間の自由を得ても、みつからない。

便利で豊かな生活を得ても、みつからない。

何度生まれ変わっても、みつからない。

ずっと、ずっと、それがほしいのに、みつからない。

私とは何者なのか?

どこから、どのようにきて、どこへいくのか?

私たち人間がずっとずっと追い求めている何か。

いつもいつも、私たちを突き動かす何か。

カントは、私たち人間は「もの自体」を認識することはできないといった。

私たち人間が語りえない「それ」

物理学者たちが、存在をわけてわけて、たどり着こうとしている「それ」

アインシュタインが晩年追求した宇宙の中の4つの力を統合するたった一つの力「それ」

宗教者たちが「神」と表現している「それ」

今まで私たちが700万年の時をかけて追求してきた、「それ」

でも、どれだけ探しても、

「それ」しかないにのに、現実には「それ」がない。


ただ、私たち日本は、その中でも「それ」そのものの生き方を実践しようとしてきた。

白人至上主義で激しい人種差別が当たり前の時代に、そこにNOをつきつけ、人種差別の格差をとろうと闘った日本の姿は「それ」からくる絶対平等の精神そのものだった。

原爆をおとされ14万の国民が亡くなっても、アメリカを恨まない日本の姿勢は「それ」からくる真理の博愛そのものだった。

そして、今、私たち日本、そして人間は大きな転換期を迎えた。

1996年、日本の福岡でNoh Jesu氏の奇跡の発見。


なぜ、「それ」しかないのに、現実には「それ」がなかったを美しく解き明かす。

今まで誰も語ることができなかった、「それ」と「現実」の関係性。

彼は、自分の発見した世界を26年かけて体系化し、誰もがそれを理解できるようにした。

「それ」しかないのに「それ」がない現実で生きる時代がやっと終わる。

誰もが「それ」を自分の外に追い求めるのではなく、「それ」そのものとして生き、現実にも「それ」を活用する生き方が始まる。

私も、彼と出会い、生き方が360度変わった。

2021年が終わり、2022年が始まる。

大和魂が呼吸をはじめている。

日本から新しい時代が始まる。







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA